食のある風景 / テーブル・店舗・街…

[ 立体アートボードデザイン ]



約1.5m角のアートボードのデザインをしました。

“食”にまつわるシーンが散らばり、街の中で色々なスケールで展開されている様子が表現できないかと考えました。

家型・四角・曲線などの「記号」を使い、“テーブル・レジャーシート・窓・お店・ベンチ・駅・階段・街並み…”の「シーン」に見立てて、色々なスケールのものが並列したデザインとしています。



□ 作り方

30mmのカルプボード、3mmのアクリル板、壁面、の3つの奥行きを持たせて、シーンを表現しています。また、2つのボードの記号は線対称で、“奥行きだけ”変えることで違う世界を描きました。



店舗の奥にある窓とほぼ同じ形の「1.5m角」とし、店舗入り口まで窓が連続しているようにしました。



□ それぞれのパネル

パネル①:街の中でのピクニックや公園で食事をする家族



パネル②:窓の向こうやテーブルの上で食事をする家族



クライアント/かこみ食卓 フレンテ 仙川店

イラスト・立体ボード設計/イスナデザイン