思い出によって歪み、色付いた地図



[ 英語教科書表紙 挿画 ]



“思い出によって歪み、色付いた地図”



私は学生時代にある街に住んでいた。10年経った今、ふとその街の地図を見てみると、色々な思い出がよみがえってきた。



・パン屋さんの香ばしい匂い

・よく行った居酒屋の看板

・ボロボロになったアスファルト

・2階のカフェに上がるための階段

・銭湯の煙

・部屋の窓の向こうに見える海

・通学路だった住宅街の街並み…



すると、ある時から地図を地図として見ることができず、目の前が思い出のイメージで埋め尽くされていった。俯瞰して見ているはずの地図に、いつの間にか私は入り込み、“私”の地図を作っていたのだ。



- - - - - - - - - - - - - -

PROMINENCE English Communication III / 高等学校 英語



クライアント/東京書籍株式会社

アートディレクション/岡本健+

挿画/イスナデザイン(野口理沙子+一瀬健人)