川崎市「これからのコミュニティ」

[ 行政施策表現のためのイラスト ]



2028年の川崎市が目指す、地域に広がる“まちのひろば”をイメージしたイラストです。各区で開催した市民検討会議ワークショップなどで、市民の方からいただいた意見を元に作成しています。



下記のシーンを統合した、架空の街をつくりました。



・移動店舗

・音楽フェス

・マルシェ

・防災訓練

・商店街

・コワーキングスペース

・シェア畑

・古民家改修

・ソーシャルデザインセンター

・河川空間、河川敷

・認知症カフェ、こども食堂

・居酒屋街

・森の遊び場



「川崎市これからのコミュニティ施策の基本的考え方」

- 希望のシナリオ -

http://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/38-1-16-1-6-0-0-0-0-0.html



クライアント/川崎市市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課