世界とラリーする(柏TTC)

[ TTC柏テニススクール70周年記念イラスト ]



数多くのテニス選手を輩出している、吉田記念テニス研修センター(略称:TTC)さんの70周年記念イラストです。

TTCさんのコンセプトである「すべての人に開かれた研修センター」、「スポーツを通じた国際的な人材育成」をテーマに描きました。



□すべての人が楽しむテニス

画面の中には小さな子供から年配の方、車いすの方や多様な人種の方がフラットにテニスを楽しむ様子を描いています。またテニスの他にも、陸上、バスケ、野球、相撲、フットサル、、といった多くのスポーツと、そこから広がるコミュニティを描いています。



□世界と行き来する

TTCさんの国際的な視点を表現するため、画面上に「地球・世界の広さ」をイメージした円弧のラインを描き、その上に柏の街と海外の街を組み合わせ、 “世界図” として表現しています。

また「柏から世界へ・世界から柏へ」といったストーリーや、柏市の一体感を表現するため、画面の中心にTTCを置き、中心から外へ放射状に伸びるガイドライン上に全てのアクティビティを描いています。



イラストタイトルには「テニスを通じて、世界へ羽ばたいたり、戻ってきたり…」「一つ一つの小さい活動の積み重ねが街や社会を豊かにする」といった“行き来” や“小さな積み重ね”といった意味を“ラリー”という言葉に込めています。

クライアント:公益財団法人 吉田記念テニス研修センター

イラスト:イスナデザイン