多様性でめぐる世界

[ 令和4年度家庭科教科書 ガイダンスページイラスト ]



多様性と人権の尊重をテーマに、多様な人々や生き物が共生・循環する世界を描いたイラストです。

地球を想像させる円弧の上に、地球の5つの代表的な気候帯である、寒帯(画面左上の氷山)、亜寒帯(画面右上の針葉樹林と氷雪の山)、温帯(画面左下の海に浮かぶ諸島)、熱帯(画面右下の水田や熱帯雨林)、乾燥帯(画面中央付近のサバンナ)を描き分けています。



海の水が蒸発して、雲ができ、その雲が高い山にぶつかって雨を降らせ、そのあめが川や滝となって海に流れ込んでいく、、

人や街だけでなく、動物や植物、地域、天候といった様々な要素がおりなす事象を描くことで、このイラストをみて、色々なものごとが共生・循環していく関係を読み取ることができるようになっています。



家庭科という科目が教科の枠を超えて、生きることに思いをはせる科目であることが伝わればと考えました。



クライアント:開隆堂出版株式会社



イラスト:イスナデザイン